あなたは幸せになっていい

カウンセリングは無意味って本当?

カフェのような相談室へようこそ
この記事を書いた人
大城 眞抽美
大城 眞抽美
朝が来るのが怖い。身体に重力がのしかかってきて動けない。私は以前そんな経験をしました。あなたは負けたんじゃない。弱くもない。ずっと頑張ってきたのだから、「偉かったね。お疲れさまだね」って言ってあげよう
目次

意味がないと感じる時

カウンセリングに行ってみて、「長く続けることは無理かも」「行くだけ無駄かな」と思い悩んだことってありませんか?
勇気をだして行ってみたのにカウンセラーとなんだか馬が合わなかったとか、カウンセラーの質が悪くて素人と話してるみたいだったとか意外と多くある話です。

もしくは、一生懸命辛い話をしたのに否定をされてしまい、反対に一方的にアドバイスばかりされてしまったり、ただ価値観や考え方を変えないといけないと言われるだけで、どう直したら良いのか具体的な内容がなかったり。
これ以外にもいろいろありますが、一度こういった経験をしてしまうと「高いお金を払ってまで行く必要はない」「やっぱり理解もされないし意味がない」などと思い、悪循環に陥ってしまうことがありますね。

行きたくない理由とは

高額すぎる

基本30分から50分、じっくりカウンセラーとお話をしますが、平均価格として1回がこのくらいの金額になります。

●30分 5000円~ ●50分 8,400円~ ●80分 15,000円~ 
●長いところで120分 19,000円~

悩みの重さにもよりますが、だいたい効果がでてくる回数は4か月から半年ほどです。
問題部分が深い方ですと、1年半から3年程、長くて4年はかかります。

これですと、長く通い続けることは経済的にも負担ですしとても続きませんよね。きちんと通えればいいのですが、やっぱり行くことが億劫になったり今日は誰とも会いたくないという日だってあります。
そうするとさらに治す期間は長くなり、「今日休んでしまったダメな自分」を責め、レッテルを張り、問題の深みにハマり負のスパイラルに入ってしまいます。

確かにクライアントがカウンセラーの場所まで行く対面式になりますと、場所代などかかりますし、保険も適用されないので高額になることは理解ができます。
ですが、最近増えてきたオンラインカウンセリングに関しては、クライアントも自分の家で行えますので通信料金のみかかるわけです。

オンラインカウンセリングの平均価格
1回 5,000円~10,000円ほどです。
一番低価格のところでは1回1500円ほどになります。

一方的な態度

勇気をだして予約をし、必死にカウンセリングへ行ったのに話を聞くや否や一方的にこうしたほうが良いなどアドバイスだけをされることです。

アドバイスは悪いことではありませんが、寄り添っているとは言い難いですよね。
ここでいけないことは、【アドバイスだけをする】ということです。
クライアントは「本当に自分のことを理解してはもらえてない」と思ってしまいます。

作業的な態度

これはたくさんのクライアントを抱えている精神科に多いかもしれませんね。待っている人が多い中で病院が終わる時間までに診なければならなく、話を聴くのは僅かになってしまったりしてしまいます。病院内にももちろんカウンセラーはいますが、選ぶことはできないので相性が合わなければ話したい気持ちも失せてしまうかもしれません。
お薬だけもらえれば良いという方はいいかもしれませんが、じっくり話を聴いてほしいという方は、カウンセリングをおすすめします。
ただ、カウンセラーでも作業的な人はいます。なかなか見分けることは難しいですが、口コミを読んだりHPを見たりすると良いかもしれませんね。

カウンセリングの主な流れは?

まず行ったことのない人は最初緊張するかと思います。どんな流れで進むのだろうとか、上手に話せるのかなとか。
上手に話せなくても大丈夫ですよ。カウンセラーはプロですから、あなたを焦らすことはしませんし、話せる事だけ今は伝えてくれたらOKです。

こんなことを言ったら引かれるかなとかも思わなくて大丈夫です。本当は誰かに認めてもらいたくて傷をつけた。心配されたくてやった。なのに、カウンセリングで引かれると思って「辛くてやった」と違う気持ちを話すクライアントもいらっしゃいます。
ウソではないとは思いますが、少し違いますよね。カウンセラーはたくさんのクライアントを診ています。そして自分もつらい体験をした経験者かもしれません。あなたを笑ったり否定したりはしません。正直に話してください。

そしてここから主な流れですが、

初回面接(インテーク面接)・・・クライアントの悩みやその背景にある問題を伺います。来談経緯を聴くことから始め、どのようなサポートができるのかを説明し、クライアントが今後もそこで受けるかどうか判断をしてもらう大切なものになります。

2回目以降・・・カウンセラーはひとつひとつ質問をしていき、応えていきます。何が原因で、何が問題なのか、誰に言われたのか、小さいころからの家庭環境など聴いていき問題の根本を探していきます。
そして、どれがあなたに合っているのか治療方針について話し、一緒にひとつずつクリアをしていきながら解決に向かっていきます

カウンセリングの効果的な受け方

受ける目的をハッキリさせる

カウンセリングを受ける前に、どんな不安をなくしたいのか明確にすることが大切です。ですが、何について悩んでいるのか、もしくは不安なのかが分からない人もいるかと思います。
その場合、カウンセリングを受ける時に正直に言うといいですね。
一緒に考え辿っていくと、「あ、これが不安だったんだ」と明確になります。

すでにハッキリとわかっている場合は、少しでも「治すぞ!」と心の中で思うことが重要になっていきます。「治すぞ!」と思って受けにきた方の方が、より早く治ることが実証されています。

自分にあったペースが大事

カウンセリングは1週間に1回がベストだといわれています。が、なかなか忙しかったり行きたくなかったりすることもあるでしょう。その日の体調にもよりますから、今日はちょっと無理という時にはカウンセラーに連絡してください。来れなくて怒ったりはしませんし、別の日やまた体調が良くなってから日程を決めるでもOKです。自分を追い込みすぎず好きなペースで受けましょう。軽い悩みでしたら、1~3回のカウンセリングでも解決することもあります。

行きたいと思ったら行く

誰かの意思ではなく、自分が治したいのかどうかがとても大切です。
誰かに言われて嫌々行くのと自らの意思で行くのとでは全然違います。あなたが本当にそれを改善させたいのかどうかです。気乗りしないときはまだ相談するときではないので、ゆっくり休みましょう。
もし、周りから「言った方がいい」と強く言われても、一番大切なのはあなたの気持ちですよ。

カウンセラーの選び方

自分にあったスタイルを選ぶ

なかなかカウンセラーのいる場所まで行けないという方もいますよね。対面では緊張して話せないなど人それぞれだと思います。コロナ禍になってからは、いろんなカウンセリングスタイルが広まってきました。メール・チャット・電話・Zoomです。まとまった時間が取れず、気軽に好きな時間に話したいのであればメールがおすすめですし、まとまった時間が取れるのであればチャットや電話、Zoomが良いでしょう。この他にもグループカウンセリングというものがあります。グループカウンセリングは、同じような悩みを抱えている人と数人で話し、解決に向けて行うカウンセリングになります。

有資格者を選ぶ

カウンセリングサービスの中には有資格者ではなく何も取得していない素人が運営しているところもあります。カウンセリングは聴くだけではなく、アクティブリスニングというものを用いて聴いていきます。プロが聴くので効果も得られやすいですし、いろんな場所で活躍をしているカウンセラーが多くいます。

悩みにあったカウンセラーを選ぶ

資格を取得しているカウンセラーでも、得意不得意は必ずあります。
子育て問題が得意な人、夫婦問題が得意な人、不登校など教育関係が得意な人など多種多様です。カウンセラーの紹介文を読んだりしてみると、その人が得意な分野が書かれていたりもします。
自分は何に悩んでいるのか考え、自身の問題にあったカウンセラーを選ぶことがポイントです。

オンラインカウンセリングでしたら、カウンセラー個々のページがあり、顔写真や得意分野、自己紹介など丁寧に記載されています。それを参考に悩みに適したカウンセラーを選ぶサービスもあります。

カウンセリングは何でも話してOK

カウンセリングはこころが病んでしまったときしか行ってはいけないと思いませんか?

それは日本人だけです。
先進国の中でも日本はメンタルヘルスについてとても遅れています。海外では風邪の予防や身体のメンテナンスみたいにカジュアルなかたちで相談をしに行きます。具体的にこんなことも話して良いのかお伝えしますね。

恋愛相談

パートナーや夫婦関係がうまくいかないなど、こんなときはどうすればいいのか相談をしに来てOKです。日本では考えられませんが他の国ではそのぐらい気軽なものになります。

嫌なことがあったとき

「ちょっと嫌なことがあったから話を聞いてー」とカウンセリングに来られるクライアントもいます。日頃からメンタルを予防して整え、自分の対策できるパターンをたくさん身に着けます。

なんとなく話きいてほしい

悩みはないけど、ちょっとモヤモヤしているから話を聞いてほしい、愚痴を聞いてほしいなどでもOKです。え、そんなことで行くの?と思われるかもしれませんが、話を聴くプロですからモヤモヤしていた根本が見えてくるはずです。

【こころのかふぇ】では1回ワンコインから相談可能のプロ集団

こころのかふぇでは気軽に受けてもらえるよう、様々な内容を取り揃えています。
まとまった時間はとれるけど顔は出したくない方にもオフラインでZoomを行ったりしています。
メールでは文通のようなかたちで後で見返せたり自分の好きな時間に相談が可能です。

なぜ、どこよりもリーズナブルなのか。
私たちが求めているものはカジュアルに誰でも相談ができ、日本でもメンタルヘルスの重要性について知ってほしいからです。
たくさんの人がメンタルについて知ってくれたら、もっとより良い未来がつくれると思うのです。

こころのかふぇでは、カウンセリングだけではなく一人でできる心理療法や、赤ちゃんと聴ける音楽療法も行っています。
カウンセラーは全ていろんな企業で活躍をしている有資格者です。例えば、精神科医の看護師や、社員のメンタルヘルスを整えるカウンセラー、家族問題が得意なカウンセラーなど多くいます。

あなたはひとりではありません。今、辛いことは何ですか?
お気軽にご相談くださいね。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest

最新記事

ジャーナリング