あなたは幸せになっていい

気持ちが読めすぎて疲れる?それってエンパス?

カフェのような相談室へようこそ
この記事を書いた人
大城 眞抽美
大城 眞抽美
朝が来るのが怖い。身体に重力がのしかかってきて動けない。私は以前そんな経験をしました。あなたは負けたんじゃない。弱くもない。ずっと頑張ってきたのだから、「偉かったね。お疲れさまだね」って言ってあげよう
目次

共感力が高すぎる

人が黙っていても、なんとなく気持ちが読み取れてしまう。
話さなくてもだいたい気持ちが分かってしまう。
自分のことではないのに感情移入をしてしまう。
友人が体調を悪くしているのを見て、自分も体調を悪くしてしまう。

こういった経験ありませんか?
こういった人たちは人よりも優れた共感力を持ち「エンパス」と呼ばれています。
「エンパス」の人は共感力がとても抜きんでているため、他の人よりもうつ病になりやすい性質を持っています。

そして最近HSPという言葉も広まっています。HSPと同じ繊細さんという特徴がありますが、「エンパス」はHSPよりももっと繊細で敏感な人たちのことを指します。

エンパスの特徴

では、エンパスについて特徴を見ていきましょう。

  • 暗いニュースを見るととても悲しくなり涙がでてくる
  • 他人のウソ、裏が容易に理解ができ、言われてもないのにその他人の気持ちを汲み取り行動してしまう
  • 人混みが苦手
  • 人の体験話を聞いてると自分も体験しているみたいな感覚になる
  • 相手が黙っていても本音に感づく
  • 人が怒られていると自分も怒られているみたいな感覚になる
  • 相手の気持ちを考えたり想像したりするので、よく勘違いをしてしまうことがある
  • 一緒にいる人に似てきてしまう
  • よく人に相談される

エンパスの人はとても共感力に長けているので、他人よりも何十倍も「今、この人は何を言っているのか」などが分かり、空気を読みます。
感情にとても流されやすいため、一日を終えた時には疲労感がたまり疲れやすい傾向もあります。

エンパスはうつ病になりやすい

エンパスは人よりも共感力、空気を読む力が高いため自分の最大限以上の力を使い切ってしまい、睡眠をとっても疲れがとれず肩こりや慢性疲労症候群につながってしまいます。
身体も心も繋がっています。自分の力以上を出しきってしまえば、心は疲れます。そして身体も疲労感がたまり精神的にもヘトヘトになりうつ病にかかりやすくなります。

エンパスとHSPの違い

HSP
目に見えるものを敏感に察す能力に長けている。
例えば、目に見えるものは第五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)であって、人の話し声であったり、香水の香りであったり騒がしい音に対してとても敏感です。

エンパス
第六感・感情が長けている。エンパスはHSPと違い、敢えて言うならスピリチュアル的な要素がほとんどです。動物や植物など生きものに対し気持ちがなんとなく理解できてしまったり、他人のウソや意図を見抜く力に長けています。

身体エンパスチェックリスト

簡単なセルフチェックです。【はい】か【いいえ】でお答えくださいね。

  • 痛みを訴える人の近くにいるとき、自分も同じ痛みを感じたことがある
  • 人混みの中にいると実際に気分が悪くなる
  • 自分では本物の症状だと確信しているのに、「気のせいだ」と言われたことがある
  • 近くにストレスを感じている人がいると、その人のストレスが自分の体の症状として表れたりする
  • 一緒にいるとエネルギーが湧いてくる人と、逆にエネルギーを奪われる人がいる
  • 体の不調で医者にかかっても、効果的な治療をしてもらえないことがよくある
  • 慢性的に疲れている、または原因不明の症状がある
  • 人混みは疲れるので家にいるほうが好き
  • 糖分、アルコール、加工食品に体が過敏に反応する

感情エンパスチェックリスト

  • 不安、怒り、不満といった他者の感情から影響を受ける
  • 誰かと口論になると、神経の興奮が続き、感情の二日酔いのような状態になる
  • 人混みに行くと気分が落ち込む、または不安になる
  • ストレスを感じている人がいると、癒してあげたくなる
  • 相手が口に出さなくても、その人の感情を直感的に理解することができる
  • 他者の感情と自分の感情を区別するのが難しいと感じるときがある
  • 人助けのほうが大切で、自分のケアが疎かになることが多い
  • 苦手な人がいる、ストレスを感じるといった状況で、気を紛らわせるために食べすぎることがよくある
  • 糖分、炭水化物、その他の特定の食物で、気分の変調が激しくなることがある

「はい」が1個から2個:部分的にそのタイプのエンパスである
「はい」が3個から4個:中程度にそのタイプのエンパスである
「はい」が5個以上:間違いなくそのタイプのエンパスである

※参考文献 パーソナルステップ様

うつ病について

うつ病は年々増加傾向にあります。私たちが知っている中でも5人に1人はうつ病になったと知られており、コロナで日本人のうつ病は倍増し、米も3・6倍になりました。(2021年)
精神科や心療内科、カウンセリングは受診しようにもなかなか受けづらく、人目を気にしてしまったり自分は大丈夫だと思い込み悪化してしまう人もとても多くいます。

特に若い世代の方や働いている方で経済的に不安定な方など、コロナが若干過ぎた今増え続けています。

メンタルヘルスに関して、ただお話を聞くだけや、薬をだすだけで高額な料金を請求してくるというイメージがあるかもしれません。病気ではないから自分は受けない人もいるかもしれません。
ですが、私たちメンタルヘルスにかかわっている者としては、何か不安なことが少しでもあれば教えてほしく思います。

そして、あなたは一人ではないのだということ、あなたらしく生きることについて受診をする人が増えれば段々と自ら命を絶ってしまう人も少なくなるのではないでしょうか。

Re.riseNewsに紹介されました

【こころのかふぇ】の代表として、大城がリライズニュースに紹介されました。

なんでここまでリーズナブルにするのかなどインタビュー形式で話しています。
ご興味がある方は下記URLをクリックしてご覧くださいね。

https://rerise-news.com/?s=%E3%81%93%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%AE%E3%81%8B%E3%81%B5%E3%81%87

【こころのかふぇ】では1回ワンコインから相談可能のプロ集団

こころのかふぇでは気軽に受けてもらえるよう、様々な内容を取り揃えています。
まとまった時間はとれるけど顔は出したくない方にもオフラインでZoomを行ったりしています。
メールでは文通のようなかたちで後で見返せたり自分の好きな時間に相談が可能です。

なぜ、どこよりもリーズナブルなのか。
私たちが求めているものはカジュアルに誰でも相談ができ、日本でもメンタルヘルスの重要性について知ってほしいからです。
たくさんの人がメンタルについて知ってくれたら、もっとより良い未来がつくれると思うのです。

こころのかふぇでは、カウンセリングだけではなく一人でできる心理療法や、赤ちゃんと聴ける音楽療法も行っています。
カウンセラーは全ていろんな企業で活躍をしている有資格者です。例えば、精神科医の看護師や、社員のメンタルヘルスを整えるカウンセラー、家族問題が得意なカウンセラーなどがいます。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest

最新記事

ジャーナリング